じんからのお知らせ

医は仁術と言われますが

2018年8月6日
カテゴリ:未分類

最近、とんでもない医師と関わった。それも二人・・・。一人目は、付添人として手術の説明を受けに行ったときのことである。朝飯直後だったのでガムを口に含んだまま患者の後ろで説明を聴こうとしていたら、「何を口に入れてるんだ。出せ・・・。」・・・。クチャクチャしてたわけでもないし、後ろで聞いていただけなのに・・・。札南の卒業生だとか・・・。
もう一人は、院内紹介で呼吸器内科に4日前に撮ったCT画像を見てもらいに行った時のことである。受診前に看護師さんが来てエックス線の撮影がありますので、先に済ませてくださいとのこと・・・。おかしいと思いながらも、終えて診察室に入ると、紹介状があったことを、確認していなかったとかつぶやいて・・・エックス線の画像は全く見ないで、送られてきているCT画像を見ながら偉そうに講釈していた。金・・・返せ。過剰医療である。二人とも女性医師ではない。情けない・・・。
素晴らしい医師に成長した教え子達もいるのだが・・・。医師は専門性はもちろんだが、
人として患者を尊重する気持ちが第一であると思う。

お客さまからのコメントをお待ちしています
コメントはまだありません

女子レスリング、日大のアメフト、今度はボクシング協会の会長か・・・。三者に共通しているのは、どこから見ても教育に関係している顔ではない。今までの生き方が、あの顔を作った。

お客さまからのコメントをお待ちしています
コメントはまだありません

司牡丹

2018年7月3日
カテゴリ:未分類

酒造会社は坂本龍馬と親戚であったようである。 「今一度日本を洗濯いたしたく候」・・・坂本龍馬の名言である。司牡丹を飲ませてやりたいわ・・・。誰にでしょう?・・・。

お客さまからのコメントをお待ちしています
コメントはまだありません

桂歌丸さんが亡くなった

2018年7月2日
カテゴリ:未分類

昨年、札幌に来たときに落語を聴きに行った。病気と闘いながらも、あの名人芸は流石だと思った。最期まで落語に情熱を燃やし逝ったようだ・・・。羨ましい・・・。

お客さまからのコメントをお待ちしています
コメントはまだありません

自分も教員時代、陸上競技部の顧問として、多くの生徒たちと接してきた。かなり厳しい教員だったと思う。特に生活面の躾?については厳しく指導してきた。
先日、50過ぎの教え子から電話があった。話しだして直ぐに泣き出した。何を言っているのか分からないくらいの泣き様だった。「泣かないで話せるようになったら、また電話しなさい」と言ったら「先生の声が聞けたのでもう大丈夫です。ありがとうございました。」と電話が切れた。
自分の講演の結びは「指導方法は様々ありますが、愛に勝る指導法はありません。」です。

お客さまからのコメントをお待ちしています
コメントはまだありません

ページの先頭に戻る

お知らせカテゴリー

facebook
twitter

じんの最新情報はツイッターやfacebookでもお知らせしています